〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-12 バンセイ室町ビル2F
【診療時間】月〜金 10:00-13:30/15:00-19:30
      土 10:00-13:00/14:00-17:00
【休診日】日曜・祝日

お電話でのご予約は

審美歯科

しっかり噛めて見た目もキレイに

当院の審美治療の特徴

キレイな見た目と機能的にも優れた審美治療

「明眸皓歯(めいぼうこうし)」とは、唐の詩人であった杜甫の詩の中にでてくる語で、美しく澄んだ目もとと白く美しい歯並びは、古くから美しい女性を形容する四字熟語として知られています。
現代においても、白く美しい歯並びの人には、どことなく気品を感じます。
歯並びや歯の形色は、それほど他者に与える印象が強いものといえるでしょう。

また、歯並びや歯の色をコンプレックスに感じている人も少なくはありません。精神の健康は、身体の健康に強く関連していることは既に明らかです。
同時に、歯には咀嚼するという歯本来の機能・役割があります。
この機能を疎かにしては、歯本来の存在意義、すなわち食事を通して全身の健康を維持することは出来ません。

これらのことから、当院ではただ見た目をきれいに治すだけにとどまらず、噛み合わせも重視した機能的審美歯科治療を行っています。
お悩みの方は、是非お気軽にご相談ください。

審美歯科についてのQ&A

審美歯科のQ&Aを見る

 

精密な被せ物・詰め物をつくるための取り組み

精密な被せ物を作るために行う
「歯肉圧排(しにくあっぱい)」

被せ物を精密に作るためには、歯肉を傷つけずに歯を削り、精密に型取りを行う必要があります。このために行うのが歯肉圧排という処置です。
歯肉圧排は、歯肉に局所麻酔を行った上で、歯と歯茎の間の歯肉溝(ポケット)に細い糸を挿入し、歯と歯肉を明確に区別するため処置です。時間と手間はかかりますが、これをすることで精密な型取りを行うことが出来るのです。

虫歯や歯周病の原因となるバクテリアは非常に小さいため、例えわずかな隙間であっても被せ物の中に侵入していきます。
これが虫歯の再発や歯周病の発症に関連していため、精密に型取りを行い、ピッタリと歯にフィットする被せ物を作ることは、歯の寿命を考えると非常に重要になります。


神田デンタルケアクリニックにおける歯肉圧排被せ物の型取りを精密に行うための「歯肉圧排」

歯と歯肉の間に細い糸を挿入することで、歯と歯肉を明確に区別することが出来ます。
これにより、歯の縁が鮮明に石膏模型に再現でき、精密な被せ物を作ることが出来ます。

精密な被せ物を作るための型取り
「シリコン印象」

精密な被せ物や詰め物を作るためには、変形せず、精度の高い型取りを行う必要があります。
通常、保険診療で使われている印象材(型取りの材料)は、寒天と粘土のようなアルギン酸(海藻から抽出したもの)を併用したものを用います。
この材料は安価ですが、強度がなくて寸法変化が大きく、精度の高い被せ物や詰め物を制作するには向いていません。

強度があり、変形せずに安定した精度の歯型を取るには、シリコンを用いた印象(型取り)を行う必要があります。シリコンでの印象は、当然、高コストとなるため、当院では自由診療において使用しています。


神田デンタルケアクリニックにおけるシリコン印象精密な型取り「シリコン印象」

歯肉圧排を併用することで、歯と歯肉が明確に区別出来ます。
強度の足りない寒天では、口腔内から外す際に寒天がちぎれてしまい、歯型を正確に再現することが出来ません。
シリコンは、強度があって寸法変化が非常に少なく、精密な技工物を作るのに適しています。

一流の歯科技工士との連携

歯科医師は、歯を削って型取りの治療を行いますが、実際に歯に装着する詰め物や被せ物などの技工物を制作するのは歯科技工士になります。
技工物は、制作する技工士によってその仕上がりが全く異なります。やはり精密な技工物を作るには、それ相応のキャリアとセンスのある優秀な技工士でなければ難しいのです。そして、そのような優秀な技工士の制作する技工物は、当然ながら高コストとなるため、これが治療費に跳ね返るのは必然とも言えます。

詰め物や被せ物は、単なる人工物ではありません。精密な適合、最適な噛む機能が付与されることで身体の一部となり、命が吹き込まれるのです。

当院では、一流の歯科技工士と連携することによって精密かつ機能的な技工物をご提供し、ご自身の歯をより長く保つことが出来るように最善を尽くしています。

 

前歯部のセラミック症例

① 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯をきれいに治したい。歯を白くしたい

治療期間

5週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

メタル・コア(土台・プラチナゴールド)¥20,000×4本

メタル・セラミックス¥100,000×4本

デュアルホワイトニング(上下)¥40,000

合計¥560,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

歯の色味が、日本人の平均よりも少し黄色みが強く、虫歯と保険の差し歯のために審美性に問題があるケース。

まず、徹底的なブラッシング指導と歯石除去を行い、そのうえで上顎4前歯の根管治療、ホワイトニング、補綴処置を行いました。

治療後は、ホワイトニングされたご自身の歯とセラミッククラウンの色合いの調和がとれ、明るく清潔感のある口元になりました。

② 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

治療途中の前歯をきれいにしたい

治療期間

4週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

ファイバー・コア(土台)¥20,000×4本

オールセラミック・クラウン¥120,000×4本

オフィスホワイトニング(上下)¥30,000

合計¥590,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

上顎前歯が仮歯の状態で転院されてきました。

歯の色も気になるとのことで、オフィスホワイトニングと根管治療を同時進行し、白くきれいになった自分の歯の色に合わせてセラミッククラウンを制作しました。

オールセラミックは、透明感が非常に高く、ご自身の歯と見分けのつかない仕上がりになります。明るい口元になり、患者さんの笑顔も一層魅力的になりました。

③ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯をきれいにしたい。歯の色を白くしたい

治療期間

4週間

治療費

根管治療、歯石除去(健康保険の範囲内)

ファイバー・コア(土台)¥20,000×2本

メタル・セラミックス(中切歯2本)¥100,000×2本

ラミネートベニア(側切歯2本)¥80,000×2本

ホームホワイトニング(上下)¥20,000

合計¥420,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

左の前歯は保険の差し歯、右の前歯は神経がないため変色します。その両隣の前歯も虫歯でプラスチックが詰めてありました。横から見ると前歯2本は出っ歯ぎみでした。

歯石の付着が見られたため、まず歯周病治療とブラッシングの徹底を図りました。歯肉の状態が悪いと、型取りがうまくいかず、精密なセラミッククラウンが出来ません。ここが、治療を長持ちさせる秘訣です。

治療後は、口元も下がり、全体に調和のとれた色味と自然な仕上がりになって、とても満足していただけました。

④ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

左上の前歯をきれいにしたい。歯の色を白くしたい

治療期間

3週間

治療費

精密根管治療¥50,000×1本

ファイバー・コア(土台)¥20,000×1本

オールセラミック・クラウン¥120,000×1本

デュアルホワイトニング(上下)¥40,000

合計¥230,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

神経を取った歯は、どうしても暗く変色してしまいます。

左上前歯は虫歯のために神経を取ってあり、虫歯治療のプラスチックが継ぎ接ぎされていました。また、正中(歯の真ん中)にわずかな隙間も認めます。

歯の色味も気になるとのことで、デュアルホワイトニングを短期間で行い、白くなったご自身の歯の色に合わせてセラミッククラウンを被せました。正中の隙間もなくなり、美しい自然な口元になりました。

⑤ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

差し歯の色が白く、縁が黒いのも気になる

治療期間

3週間

治療費

精密根管治療¥50,000×3本

ファイバー・コア(土台)¥20,000×3本

オールセラミック・クラウン¥120,000×4本

合計¥690,000(税別)

治療内容について

治療前はメタル・セラミックスのブリッジが入っていました。メタル・セラミックスはやや歯の透明感に欠け、白さが浮いて不自然さがでることがあります。

また、歯肉が退縮すると縁の部分に金属色が出やすく(ブラック。マージンという)、審美性に問題をきたすことがあります。もちろん、金属アレルギーの人には不向きです。

前歯4本をオールセラミック・クラウンで治療し、色、形、透明感ともに満足のいくものになりました。

⑥ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯の色が気になる

治療期間

3週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

メタル・コア(土台・プラチナゴールド)¥20,000×2本

メタルセラミックス¥100,000×2本

合計¥240,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

前歯の外傷による変色のケース。歯を強くぶつけて打撲すると、歯の神経が壊死(えし:死んでしまうこと)を起こし、変色を起こします。変色の程度が軽ければ、ウォーキング・ブリーチ(漂白)によって改善できる場合もありますが、このケースのように強い変色はクラウンで改善を図ります。オールセラミックよりも、下地の色をマスキングできるメタルセラミックスがお勧めです。

⑦ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯の変色を治したい

治療期間

4週間

治療費

精密根管治療¥50,000×1本

ファイバー・コア(土台)¥20,000×1本

オールセラミック・クラウン¥120,000×1本

ホームホワイトニング¥20,000

合計¥210,000(税別)

治療内容について

左側前歯は、虫歯で神経が取ってあったため、変色を起こしていました。全体的に歯の色を白くしたいご希望もあったので、ホームホワイトニングも並行して行うこととしました。

また、根管治療が不完全でしたので、根管治療を精密にやり直し、オールセラミック・クラウンで被せました。

治療後は、隣の歯とも調和のとれた自然な仕上がりになっています。

⑧ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯の色が気になる

治療期間

2週間

治療費

精密根管治療¥50,000×1本

ファイバー・コア(土台)¥20,000×1本

オールセラミック・クラウン¥120,000×1本

合計¥190,000(税別)

治療内容について

虫歯で神経を取ってある歯の変色。変色の程度が強いので、精密に根管治療を行ったうえで、オールセラミック・クラウンを被せました。

ファイバー・コア(土台)を口腔内で直接補強することで、短期間での治療が可能となります。お急ぎの方は、ご相談ください

⑨ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

歯並びと歯の色が気になる

治療期間

3週間

治療費

精密根管治療¥50,000×10本

ファイバー・コア(土台)¥20,000×10本

オールセラミック・クラウン¥120,000×12本

合計¥2,140,000(税別)

治療内容について

歯並びを治す場合には、基本的に歯列矯正をお勧めしています。どうしても期間の問題で歯列矯正を希望されない場合には、セラミッククラウンでの治療となります。デメリットもありますので、よくご検討していただくことをお勧め致します。

⑩ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

左上前歯の差し歯の縁が黒いのが気になる

治療期間

2週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

ファイバー・コア(土台)¥20,000×1本

オールセラミック・クラウン¥120,000×1本

合計¥140,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

古いメタル・セラミックスの縁が黒く見えるブラック・マージンの典型例。ファイバー・コア(土台)とオールセラミッククラウンで治療し、自分の歯と同じような自然な仕上がりになりました。

 

⑪ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

真ん中の前歯の両隣の歯が小さい

治療期間

2週間

治療費

ラミネートベニア¥80,000×2本

合計¥160,000(税別)

治療内容について

側切歯が小さいことは、決して珍しいことではありません。治療法は、プラスチックであるレジンを足りないところに盛り足すダイレクトボンディングと、付け爪のように薄いセラミックを接着するラミネート・ベニアの2つの方法があります。

このケースでは、経時的に変色を起こさず、審美性の高いラミネートベニアで治療を行いました。小さかった側切歯の存在感が増し、自然できれいな歯並びになりました。

⑫ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

右上の前歯の色が気になる

治療期間

3週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

メタル・コア(土台・プラチナゴールド)¥20,000×2本

メタルセラミックス¥100,000×2本

合計¥240,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

虫歯によって歯の神経が壊死(死んでしまうこと)したことに起因する歯の変色。虫歯が深いと、虫歯治療後に歯の神経が自然死してしまうことがあります。この状態を長く放置すると、歯の色が徐々に暗くなり、審美性に悪影響が出ます。

このようにならないように、神経が壊死した場合には、速やかに根管治療を行う必要があります。

このケースでは、根管治療後にメタルセラミックにて被せる治療を行いました。

治療後は、自然な仕上がりになっているのが分かります。

⑬ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯のブリッジの色が気になる。歯茎の境目が黒い

治療期間

2週間

治療費

オールセラミック・クラウン¥120,000×4本

合計¥480,000(税別)

治療内容について

メタル・セラミックスによる4本ブリッジのケース。歯の神経を残しての治療のため、歯の切削量が足りないと、セラミックの透明感が出にくい。また、歯肉の退縮に伴って、歯茎の境目が黒くなるブラックマージンが見られます。

治療後は、オールセラミックの長所である透明感が十分に得られ、歯の明度も天然歯に限りなく近くきれいに仕上がっています。

⑭ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

差し歯の色が気になる。歯を白くしたい。

治療期間

4週間

治療費

精密根管治療(前歯・自費)¥50,000×7本

         (小臼歯・自費)¥60,000×4本

メタル・コア(土台・プラチナゴールド)¥20,000×11本

メタルセラミックス¥100,000×13本

オフィスホワイトニング¥30,000

合計¥2,140,000(税別)

治療内容について

上顎はセラミッククラウンが入っていましたが、色が黄色く、被せ物も不適合なため、歯肉が炎症を起こして出血と発赤がありました。下顎も神経が取ってある前歯に変色がありました。

このようなケースでは、まず正しいブラッシング法の習得と歯周病治療を徹底的に行い、口腔内環境の改善を図ります。続いて、被せ物を外して仮歯にし、精密根管治療を行い、同時にオフィスホワイトニングを行いました。

短期集中治療ですので、一回当たりの時間はかかりますが、治療期間は少なくなります。

治療後は、歯肉が健康になって出血も無くなり、患者さんの希望する白い歯が入って大変喜んでいただけました。

⑮ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯の差し歯の付けが黒い

治療期間

3週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

メタル・コア(土台・プラチナゴールド)¥20,000×2本

メタルセラミックス¥100,000×2本

合計¥240,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

保険で使われるメタル・コアは、歯や歯肉の変色を起こしやすく、審美的にも健康上も好ましくありません。

歯肉の炎症があるため、まずブラッシングの徹底と歯周病治療を行いました。

その後、根管治療を行いセラミッククラウンで被せ治すことで、審美性を回復しました。

⑯ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

前歯の差し歯と詰め物をきれいにしたい。歯を白くしたい

治療期間

4週間

治療費

精密根管治療(前歯・自費)¥50,000×2本

メタル・コア(土台・プラチナゴールド)¥20,000×2本

メタルセラミックス¥100,000×2本

デュアルホワイトニング¥40,000

合計¥380,000(税別)

治療内容について

左側前歯の保険の差し歯は黄色みが強くて色が合ってなく、右側前歯のプラスチックは段差があって不適合の状態でした。

不良な被せ物とプラスチックを外し、精密根管治療とデュアルホワイトニングを行ってから、2本のメタルセラミックスを被せました。

ホワイトニングの効果で、口元がとても明るくなり、清潔感溢れるすてきな笑顔になりました。

⑰ 前歯の審美治療

治療前 治療後

主訴

虫歯を治したい。歯を白くしたい

治療期間

5週間

治療費

根管治療(健康保険の範囲内)

メタル・コア(土台・ファイバーコア)¥20,000×2本

オールセラミッククラウン¥120,000×10本

合計¥1,240,000(税別)+健康保険診療分

治療内容について

虫歯と歯の色、銀歯が気になって来院された患者様です。

最後臼歯は、費用の都合で今回は治療をご希望されませんでした。

治療後は、白く明るい口元になり、人前でも自信をもって笑えるようになったと、とても喜んでくださいました。

 

当院では、計画的に治療を行うことで、
治療途中でもきれいな仮歯でお過ごしいただけるようにしています。

治療前 仮歯装着時

治療費

詰め物

ダイレクトボンディング
(プラスチックの詰め物)

虫歯を硬質レジン(白い硬質プラスチック)で詰める処置です。小さな虫歯の治療に向いています。

¥20,000

ハイブリッドインレー

プラスチックとセラミックの中間的な材質の白い詰め物です。奥歯に用いますが、強度はあまり強くありません。

¥50,000

セラミックインレー

天然歯に近い強度で、審美的にも優れた材質です。金属アレルギーの方でも安心です。

¥60,000

ジルコニアインレー

白い詰め物で、かなり強度があります。透明感にやや欠けますが、歯ぎしりや食いしばりのある方にお勧めです。

¥60,000

ゴールドインレー

天然歯との適合が良く、長期間安心して使うことが出来ます。硬いものを噛んでも割れる心配もありません。噛み合わせの馴染みが最も良いです。

¥60,000

 

被せ物

オールセラミッククラウン

ジルコニアセラミックやE-Maxなど数種類の材質があります。審美性に優れ、金属アレルギーの方でも安心して使えます。ケースによって、材質を使い分けします。

¥120,000

ジルコニアクラウン

「白い金属」と呼ばれるジルコニアで出来た被せ物で、極めて強度が高い被せ物です。透明感に欠けるので、大臼歯への使用に向いています。前歯には向いていません。

¥100,000

メタルセラミッククラウン

金属の表面にセラミックを焼き付けた、歴史のある被せ物です。金属を使用することで、応用範囲が広く、すべてのケースに適応できます。歯の透明感はやや劣ります。

¥100,000

ゴールドクラウン

天然歯との適合が良く、長期間安心して使うことが出来ます。硬いものを噛んでも割れる心配もありません。噛み合わせの馴染みが最も良いです。

¥80,000

ラミネートベニア

歯の表面に付ける、付け爪のような薄いセラミックです。歯を削る量が少なくて済みます。

¥80,000

プロビジョナルレストレーション 
(プラスチック製の仮歯)

プラスチック製の仮歯です。治療が終わるまで、歯の保護や審美性の確保、噛み合わせの調整などのために装着します。

¥5,000

 

コア 

ファイバーコア

ファイバーの心棒で補強した白い土台です。歯根への応力の集中を防ぎ、歯根破折を防止します。オールセラミッククラウンの土台に使うことで、透明感のある自然な色の歯にすることができます。

¥20,000

メタルコア(シルバー、パラジウム合金)

金属製の土台で、強度があります。金属の色が歯肉から透けて暗く見えることがあります。

¥20,000

メタルコア(プラチナゴールド)

金属製の土台ですが、金を多く含むので適合が良く、歯の変色も起こしません。

¥25,000


※日頃のメンテナンスを怠ると、歯周組織の炎症を惹起したり、歯肉の退縮を起こす恐れがあります。

アクセス

中央本線神田駅(東京都) 南口から徒歩3分
総武線快速新日本橋駅 2番出口から徒歩1分
銀座線 三越前駅 A8出口から徒歩3分
Google Map